元金一括返済の利息支払い

 住宅ローンの支払い方法って色々ありますが、元金一括返済っていう返済方法に関しては、この前、初めて知りました。
元金一括返済っていうのは、月々の返済は利息分のみで、ローン満了日に元金を一括で返済するという返済方法なんです。
これって何かメリットあるのかなあ…?

 

 だって月々の支払いは、元金一括返済の利息支払いだけになって出費は少なくて済むけど、でも元金を払うために計画的に貯蓄しなきゃいけないんですよね。
ってことは、出費とは別に貯蓄が発生するわけだから、それなら最初から元金だって分割した分を払っていった方が安心感があるんじゃないかな…。
数年後にビジネスで大成功するとか、数年後には社長になって収入が格段に増えるということが分かっているなら、元金一括返済も利用する価値はありますけどね。
先のことなんて全く分からないし、それなら少しでも元金を減らしていく返済法の方がいいんじゃないかな。(こちらもご参考に→審査に通りやすいおまとめローンのおすすめ
それに元金一括返済を選び、月々元金分を貯金したとしても、途中でお金が要り用になって、貯金を取り崩してしまったりする恐れもありますよね。
そうなると満了日に元金が一括で払えなくなり、元金を支払うためのつなぎ融資なんてものも発生してしまいます。

 

 つなぎ融資となると今度は金利が高く、負担が大きくなってしまうから、確実に返済できると分かっている人じゃない限りは、元金一括返済ってやっぱリスクの方が大きいんじゃないかな。
こういう返済方式を実際に選んでいる人って、どういう人なんだろう…。
例えばこれから弁護士業務をしていくとか、医者になるとか、パイロットになるとか…。
後々の収入がかなり見込める人なら、なんとかなるんでしょうね。
だけどそんな人はそんなにいないし、普通なら元金均等返済や元利均等返済を選択しますよね。
その方が確実に支払いもできて、後々不安を残しませんから。
それにしても元金一括返済で失敗した人って結構いるんじゃないかな…。

 

 人生も終わりに近づいてから、借金まみれになるっていうのは、あまりにも悲しいことですよね。
まあその頃には子どもが大きくなっているし、仕事をして稼いで、少しは助けてくれるかもしれませんが…。
でもそんな不確実な現実を想像しても仕方ないので、やっぱリスクのないように、ローンはちょっとずつ支払っていく方がベターですね。
それに元金が貯まったとしても、最後にまとめて支払うということになったら、老後の生活にも不安がよぎってしまうんじゃないかな。

こちらのサイトも参考になりました!

⇒ カードローンを利用する為には、審査に通過しなければいけません。このサイトでは、カードローンの審査に通過する条件と、スムーズな審査方法について詳しく解説していきます。

関連サイト

楽天銀行おまとめローン審査の口コミは?【申し込みの条件と流れ】
楽天銀行おまとめローンは、低金利と豊富なキャンペーンで注目度が高いのが特長です。借り入れを一本化して整理したい人は評判や口コミもチェックしておきましょう。
www.dobl-oc.com/rakuten/

関連リンク

一括返済の基礎ガイド
元金一括返済とは、月々の返済は利息分のみで、ローン満了日に元金を一括で返済するという返済方法です。
ローンは滞納してはいけない
ローンは滞納してはいけないというのは重々分かっていても、世の中が不景気になり生活が苦しくなると、どうしようもないですね。
金融期間に対して支払う延滞利息は14%~29%くらい
返すつもりで借りたものの、不景気で倒産してしまう会社も増えているし、倒産して債務不履行になった場合には延滞利息を請求することができる。
毎月の支払額が一定額になるローン
元利均等返済とは毎月の支払額が一定額になるようにローンが組まれているので、毎月の支払額に差がなく、返済計画を立てるには最適な返済方法です。
自宅を担保にして自治体や金融機関から融資を受け、生活資金に充てる
リバースモーゲージは、自宅を担保にして自治体や金融機関から融資を受け、生活資金に充てるというものですが、リスクはかなり大きいかもしれません。
月々どれくらいのローンになるのかを計算してくれます
ローンシュミレーションは、借入希望額と返済期間、ボーナス返済月、金利、返済方法などを記入すれば、月々どれくらいのローンになるのかを計算してくれます。
借り換えするメリットとデメリット
借り換えするには手数料とか保証料、登記費用など、色々とコストがかかるというのが最大のデメリットでしょう。将来的な金利の上下によってデメリットが発生することもあります。
オートローンは、年利だけじゃなく保証料も考えましょう
オートローンで気になるのは年利ですが、年利だけじゃなく保証料のことも考えておいた方がいいでしょう。保証料が高ければ、年利が安くても損をすることがあります。
住宅ローンで借入するのに必須なのが保証人
数千万円の借入が一般的な住宅ローンの保証人は、どんな人でもOKというわけにはいかないので、そこも難しいところです。保証料を払えば保証会社に保証してもらえますが、この保証料ってかなり高額なんです。