債務不履行と延滞利息

 お金を借りたけど、どうしても返せなくなってしまう・・そういうことってありますよね。
返すつもりで借りたものの、不景気で倒産してしまう会社も増えているし、倒産してしまった会社は債務不履行となってしまいますね。
債務不履行になった場合には延滞利息を請求することができるんですね。
つまり債務不履行と延滞利息は、債務不履行に対して損害賠償ができるってことなんでしょうね。

 

 ではその延滞利息って実際にはどれくらいなんでしょうか?
金融期間に対して支払う延滞利息は、14%〜29%くらいが一般的なんだとか。
それから延滞利息が定まっていない場合には、年6%というのが商法での決まりだそうです。
損害賠償として延滞利息の支払い義務が生じたとはいえ、倒産した会社がそれを払えるはずもありませんよね。
ということは、やっぱお金を貸す方は、倒産するような会社には貸さないようにするということが大前提となってくるんでしょう。

 

 債務不履行っていうのは、絶対に避けたいものだけど・・。
時代によって、そういう会社が増えてしまうのは、避けられない現実なんだろうなあ・・。
倒産、債務不履行といった問題を回避するためには、景気回復こそが、根本的な解決法なんでしょうね。



金利が低いおすすめの銀行カードローンは?

三井住友銀行カードローン審査甘い?審査の口コミ【即日融資対応】
⇒ 三井住友銀行カードローンは金利が4.0%〜14.5%と銀行カードローンの中では断トツに低いのでとても人気が高いカードローンです。しかも即日融資が可能で限度額も500万円が多い中で800万円と高額になっています。三井住友銀行カードローン審査について知っておきたい情報がまとめられています。
www.m-ginkou-cardloan.com/