リバースモーゲージのデメリット

 リバースモーゲージって最近よく目にしますが、どういうものかあまり知らなかったので調べてみました。
リバースモーゲージは、自宅を担保にして自治体や金融機関から融資を受け、生活資金に充てるというもので、例えば1人暮らしの老人がこの制度を利用した場合、生活資金を借りてずっと自宅で生活し、自分が亡くなったら自宅売却によって返済するという制度なんです。
融資限度額は、土地の評価額の50%〜70%くらいだそうです。

 

 60歳以上の老人で土地付き一戸建ての家を所有していて、親か配偶者以外に同居している人がいないというのが、融資を受けられる条件ですが、融資を受けるところによって、他にも色々と条件がついている場合もあるそうなので、リバースモーゲージを利用したい人はよく調べた方がいいでしょうね。
リバースモーゲージのデメリットとしては、土地の評価額が下落したり、金利が上昇したり、長生きしたりすることで、担保割れになってしまうこと。
そうなると悲惨ですよね。
融資は受けられないわ、家は売却しなきゃいけないわ・・。
老後にあまりにも暗い影を落としてしまいますよね。

 

 まあ想定通りに利用できれば便利な制度なんだけど、人生ってそう思った通りにはいかないものだし、リスクはかなり大きいかもしれないなあ・・。


ローンの参考サイトはこちら

オリックスVIPカードローン審査!ネット申込窓口
大人気のオリックスVIPカードローン。その魅力とは?
審査を通過するための注意点など、必見の情報満載です!
www.okanekariru-shinsa.com/