ローン滞納と延滞記録

 住宅ローンや自動車ローン、ショッピングローンなど、色々な種類のローンがありますが、日常でローンの支払い義務が皆無という人はまずいないんじゃないでしょうか。
それくらいローンって私達の間に浸透していますよね。
でもローンを組んだ後で支払いができずに滞ってしまったら…。
それは事故情報ということで、信用機関で処理されるようですね。
これがローン滞納と延滞記録の現実でしょう。

 

 もしこの延滞記録が残されていれば、融資が受けられなかったり、クレジットカードが作れなかったりと、生活にかなり支障をきたしてしまいそうですよね。
借りたお金は返すというのが基本だけど、延滞記録がついている人って少なくないんじゃないかな…。
特にこの不景気の時代、住宅ローンや自動車ローンを払えずに売却したり、競売にかけられたりした人も結構いるでしょうね。

 

 ローンは滞納してはいけないというのは重々分かっていても、世の中が不景気になり生活が苦しくなると、どうしようもないし…。
延滞記録として残されたとしても、それは個人だけじゃなく、社会全体の問題でもあるんじゃないかな。
ということで、こういう問題が多発している場合には、政府が早急に対策をとる必要があるでしょうね。

低金利カードローンおすすめ!比較ランキング